Home > 学校長挨拶

学校長挨拶



宮城県利府高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。 本校は昭和59年に開校し,平成10年度にはスポーツ科学科を新設,今年で35年目を迎えます。学級編成は学年毎にスポーツ科学科2学級,普通科5学級であり,単位制となっております。「心身の健康」「徳性の涵養」「知性の啓発」の校訓のもと,生徒ひとり一人の個性を伸ばし,確かな知識と社会に貢献できる人材として必要な知性と教養を身につけ,教育目標である「強い意志とたくましい実践力をもつ心身ともに健康な人間の育成」「自主自立と強調奉仕の精神をもつ,心身ともに豊かな人間の育成」の実現に日々努力を重ねています。

これまで1万人を超える卒業生を輩出し,各分野の第一線で活躍しております。近年の進路状況は,県内外の国公立大学や私立大学への進学が約6割,専門学校や各種学校への進学が約2割,公務員や民間企業等の就職が約2割です。

部活動も春・夏甲子園大会に出場した硬式野球部をはじめ,昨年度の南東北インターハイ,各種全国大会,東北大会等で上位進出の陸上競技部,ハンドボール部,ソフトボール部,女子バレーボール部,水泳部,弓道部,卓球部,女子新体操部,サッカー部,バスケットボール部,剣道部,硬式テニス部,ソフトテニス部,ラグビー部,フェンシング部もすばらしい活躍をしております。文化部は全日本吹奏楽コンクール出場実績のある吹奏楽部をはじめ,全国大会や展覧会で活躍しているギター部,書道部,美術部,県内外の各種大会で入賞している演劇部や写真部,華道部,茶道部,自然科学部,文芸部,JRC部,家庭部,放送部,囲碁将棋部等その活躍には周囲から高い評価を得ており,文(文化部)武(運動部)両道で本校をアピールしてくれています。 学校の近隣には,宮城県総合運動公園や県サッカー場,利府町運動公園があり,学校外の体育施設にも恵まれ,運動部は日々競技力の向上を目指し切磋琢磨しています。特に宮城県総合運動場は2020年東京オリンピック・パラリンピック,サッカー競技会場予定地となっており,今後さらに注目を集める地域でもあります。

また本校は地元利府町の発展とともに歩んでまいりました。利府町の「町はひとつの学校」の理念のもとに,本校と利府支援学校や町立小・中学校,幼稚園,保育所とで組織される「十符っ子(とふっこ)ブラザーシップ」に参画し,異年齢集団の中で兄・姉役として,「あいさつ運動」や「相互訪問会」,「エコキャップ運動」,「募金活動」,「スポーツ教室」等の様々な活動に取り組んでおります。本校生徒も地域のリーダーとしての自覚を持ち,模範行動を心がけた学校生活を送っています。

保護者の皆様や地域の方々に応援をいただきながら,「さわやか利府高」「心はひとつ」のキャッチフレーズのもと,生徒の無限の可能性を開拓して未来の活躍を期待し,社会に貢献できる人材の育成を目指して,生徒と教職員が強い信頼の絆で一丸となった教育活動を展開していきたいと思っております。 皆様のご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。       

平成30年4月